おさと日記

猫好き人おさとが気ままに旅行・グルメ・知識を中心に書いています。良かったら寄っていってください。

MENU

マチュピチュ・ウユニ塩湖旅行−関空からクスコへ-

こんにちは!
猫好きブロガーのおさとです。
 

随分とお久しぶりの投稿になってしまいました…

あまあまな自分です(-_-)

悔しい!

 

まぁ、気持ちを切り替えて!
引き続き南米旅行についてお話しします!


さて、
今日は関空〜クスコまでをお話ししたいと思います。

やってクスコまで行けるのか!笑

JAL機内食がすごい! 

いきなり機内食かい!!


 ですが、

久々にJALに乗って驚いたので

書かせてください。笑

関空からロサンゼルスまでのフライトは
JALでしたが、
この機内食がすごかった…。
いやーびっくりしました。笑

今までの機内食のイメージがガラッと変わりました。笑

機内食といえば…
あんまり美味しくないご飯
プラスチックのカトラリー 

なんてイメージですが、
JAL機内食がこちら!

f:id:osatonoko:20200226233154j:image

JAL機内食。デザートにはハーゲンダッツが提供される。

 

と言って中身が見えないというミス😅


とにかく、
今までの機内食とは違う!
若手のシェフたちが作り上げた
和食メニューのご飯に
ドリンクにウィスキー

ブランデーワイン

なども含まれていること、
デザートにハーゲンダッツが出る!
しかもカトラリーがステンレス!

 f:id:osatonoko:20200226233259j:image

なんだこれは!笑

正直レベルの高さにびっくりしました。笑

 機内食を楽しみながらロサンゼルスへ


ロサンゼルス経由でリマに向かいましたが、
ロサンゼルスの滞在時間が短かったため
Express connection 
という優先権みたいなものを貰うことができました! 

f:id:osatonoko:20200228231037j:image

▲リマの出口でもらったExpress connection 。

素通りさてしまいそうなので、滞在時間が短い人は注意。


こんなやつ。初めて見ました。
リマ空港の出口周辺
To Lima という看板を持った
空港の制服を着た人が待ち構えていました。
客引きか?と思ってスルーしそうになりましたが重要なものでした笑
その人に名前を伝えると、
受け取ることができました。

それがあることでスムーズに入国審査が出来るとのこと。
それを持って
現地民⁇が通れる特別レーンに並びます。
順番が来たら機械にパスポートをスキャンし、
税関の申告等や旅の目的などを選択し、
入国審査窓口へ!
その機械、実は目の前の人に合わせた高さが変わるんです!
それがまたすごい。笑
税関では、
旅の目的目的地、
アメリカへの滞在期間を聞かれました。


その後は
Connecting flight  

と書かれた看板に従って、
ターミナルに行く事が出来ます。
Express connection のおかげで

とてもスムーズでした!
もしトランジットでその国の滞在時間が

短い場合は、

出口付近で待ち構えている人にも注意してみてください。

 

自分の場合、

フライトはこんな感じでした。


10:50 ロサンゼルス国際空港
13:00 ロサンゼルス国際空港


通常1時間以内?の人が貰えるみたいですが、
2時間ちょっとで貰えたので
それくらいの人は気にしてみてください!

ロサンゼルスからリマへ

ロサンゼルスからLATAM airline で
リマへ向かいました。

自分が到着したのは

ロサンゼルス国際空港トムブラッドレーターミナルでした。

f:id:osatonoko:20200226235216j:image

ロサンゼルス国際空港トムブラッドレーターミナルの外

 

f:id:osatonoko:20200226235207j:image

ロサンゼルス国際空港トムブラッドレーターミナルの制限区域内

 

出国審査を終えたら、

少し右へ行って3階に上がります。


リマ行きの出国審査は入り方からみて

右側から入るようで、

パスポートとチケットを係員に見せて通過します。

荷物検査は
さすがアメリカですね。
チェックが厳しく、
靴まで脱いでスキャンされました。
何もなくて良かったです。笑


このロサンゼルス空港(LAX)は
かなり大きい空港みたいで、
飲食店などが充実しているようです!

自分は節約したのでお店には入っていませんが…。笑
 
チケットがあれば色んなターミナルに入る事が出来るそうなので、
ぜひ行ってみて感想教えてください!
 
ちなみに、空港内の商品が免税なのは
国際線のエリアはどの国の場所でもないから税がかからないのだとか。
ただ、レストランにはしっかりと税金がかかっていました😂 
どなたかこの違いを教えてください。笑


LATAM航空でも数回機内食が出ました!
(どんだけ機内食好きやねん)
やはりJALには勝てないな、
と思いつつしっかりいただきました。

ついにリマに到着!

 

長い長いフライトを経て、

ついにリマに到着しました!
 

f:id:osatonoko:20200226235351j:image

▲リマ空港の外の様子。あま寒くはなく、むし暑いくらいでした。航空会社のカウンターがあるエリアに行くために外から回りました。


ようやくペルーの地に足を踏み入れました😆
リマ空港はWi-Fiがあるのですが、
1時間限定でした。
他の方の記事では、
2回繋がるようになったと書かれていたのですが、
どうも2回目以降繋がりませんでした。
なので、
Wi-Fiを持って行っていない人は、
使うべき時に使う方が良いのでは!
と思います。

スターバックスやその他の店はあるので

そこでWi-Fiパスワードは貰えますが。
 
私は、
SIMカードを現地で購入するつもりだったので、インターネットはWi-Fi頼りでした。
この1時間のWi-Fiが大切だったんです。笑
 

一応、リマの空港に買う予定だった
ClaroのSIMカードが売っていたんですが、
聞いたところ無制限のSIMカードだそうで、
1週間で4500円程するようでした。
 
現地で買えば2GBで600円程度なので
早々に諦めました。
リチャージもあるようですが、
そもそもSIMカードがないので諦め。
 
早く現地で買いたいー。

 リマからクスコへ


ついに最初の目的地、
クスコへと飛びますよ!
 
リマ空港には深夜に着きましたが、
店がかなり開いている…!
すごい!
 
調べると、
リマのホルヘ・チャベス国際空港は

24時間空いているのだそう。
もちろんいくつかのレストランや飲食店は閉まっていますが、開いているところもそれなりにありました。
恐るべき、リマ。


制限区域内にはあまり食べ物系はなかったので、外で食べるのが良いかと思います。
 
リマからクスコへは
格安航空のviva airline を使いました。
 
しかし、
ここで思わぬ出来事が…。
 
発券機でセルフチェックインをしようとしたが、どこにもviva airline がない!
 
通常は発券機に航空会社が載っていて
そこからセルフチェックイン出来るのですが。😱
 
そこでWi-Fiの出番です!
調べたところ、
Viva airline は事前にチケットを印刷して持ってきて、
直接カウンターでチェックインするとのこと。
印刷してかなきゃダメ!
もし印刷してもらうにしてもお金がかかる!
などなどの記事が多数ありました。
 
印刷したチケットがないと
チェックイン出来ない…⁉︎
さすが格安航空。
 
しかし、私たちがこれを予約したのは
数日前で印刷する間もなくリマに来てしまいました。

終わった…。
そう思いました。
なんとかなるだろう!
と思ってカウンターが開くのを待ちました。2時間前にカウンターが開く、
とのことで待っていたのですが
全然人が来ない…😐
列は後ろに伸びていくばかり。
 
結果、
職員が来たのは30分以上後になってから。
しかもそこからカウンターの準備やら何やらを始める遅さ。
フライトが迫っている、
しかもチェックインが出来ないかもしれない。
困りました。
 
しかし!
その時一筋の光が!
印刷しなければチェックイン出来ないと思っていましたが、
Viva airline のホームページ

予約番号等を入力すると、
オンラインのboarding tickets が出てきました!
印刷しなくても出来るかも! 
どうやら航空券の予約時に
ウェブオンライン対応にすると
出来るみたいです!
してて良かった!!  
その後は、
しっかりとカウンターに並び
チェックイン手続きをしてもらうことに。
 
良かった!…というのも束の間。

次の問題は、
機内持ち込みは

Personal belonging 1つだけなんです。

On board belonging には追加料金が必要だというのです!
 
ちなみに、 

Personal belonging

= 小さい荷物

On board belonging

= 大きな荷物 

を意味します。


困りました。

そこまで調べていなかった自分が悪い、
そう思いながらも悔しさを噛み締めながら
追加料金を支払いました。
その額、
120ソル。
およそ4000円でした。
その追加料金、
フライト代とほぼ同額。
なんともアホらしいことをしました。
皆さんもぜひ気をつけてください。
 
学んだことは、

格安航空券を予約する場合、
荷物などについたはよく読む。
ほとんどの場合、
荷物は1つ(personal belonging )
だけ持ち込み可能なようです。

 

 f:id:osatonoko:20200226235934j:image

▲Viva airline搭乗中の外の様子。


フライトはこんな感じでした。  

5:00 リマ (ホルヘ・チャベス国際空港)発
6:33 クスコ(アレハンドロ・ベラスコ・アステテ空港)着


安いからといってむやみに使わない方が良いのかも?
ぜひ皆さんも格安航空には注意してください。ようやくチェックインが終わり、
飛行機に乗ります!


二階へ上がってフードコートを超えた奥にあるgate をくぐって、出国審査へ。
いつもの通り荷物を出してチェックされます。
そこからは平和にクスコに行くことが出来ました。
ちなみに、
リマの空港は標高0メートルですが、
クスコ標高3400メートル
 富士山が大体3700メートル。

つまり、

空港につい瞬間に富士山という状態。笑


いきなり高山病の危機です!
 
たしかにクスコは息がしずらかったです。
ちょっと早く動くと息が上がりました。
そんなこんなで無事にクスコへ!
良かったです。
 

参考になるサイト・記事(クスコ・マチュピチュ関連)

 

www.otoa.com

guruguru-globe.com

www.claro.com.pe

www.howlanders.com

machuyo.com

machuyo.com

buena-suerte-blog.com

www.trip-attendant.com

www.teach-me.biz

www.club-t.com

www.ezairyu.mofa.go.jp

stworld.jp

www.hotholiday.jp

www.expedia.co.jp

www.hotholiday.jp

ito-ryokou.com

everydayuk.xyz

mona-log.com

tabinaka.co.jp

tabinaka.co.jp

girls-tabi.com

guruguru-globe.com

https://compras.miclaro.com.pe/wps/portal/comprasclaro/!ut/p/z1/04_Sj9CPykssy0xPLMnMz0vMAfIjo8zizQw83D08gw18DVz8LQwC_Y38jbwMnI1N3M30w8EKDHAARwP9KGL041EQhd_4cP0oQkoKckMjDNIVFQFrBTGs/dz/d5/L2dBISEvZ0FBIS9nQSEh/?root=1&canal=1#/

▲Claroオンラインチャージページ

locotabi.jp

katsuo-money.com

kyotabi618.com

tabitabi1110.com

haragh.com

wondertrip.jp

tabippo.net

latinkun.com

love-tabi.com

tripnote.jp

peru-travel.club

noricotton.com

mukku.life

tabi-travell.com

www.travel.co.jp

 過去記事

osatonoko.hatenablog.com

osatonoko.hatenablog.com

osatonoko.hatenablog.com

osatonoko.hatenablog.com

osatonoko.hatenablog.com

osatonoko.hatenablog.com

osatonoko.hatenablog.com

osatonoko.hatenablog.com

osatonoko.hatenablog.com

osatonoko.hatenablog.com

 

 

良かったら参考にしてください!
長いのに見ていただき、
ありがとうございました!


ではまた!

f:id:osatonoko:20200402002931j:plain f:id:osatonoko:20200119172139j:plain f:id:osatonoko:20200712183553j:plain